忍者ブログ
日常での出来事、気付いたことなど、 作者の意見も交えて紹介!
  ★ 今日の運勢
ゆうり恋愛塾 占い 恋愛相談
  ★ プロフィール
HN:
kikkorokoro
性別:
男性
職業:
ライフコンサルタント       サイコセラピスト
趣味:
ブログでの情報発信
自己紹介:
日常で、感じたこと、気付いたこと、お伝えしたいことを、定期的に発信していく、サイトです。
いろんな人に、楽しく、役に立つ、そんな、サイトに育てていきたく思ってます^^。

  ★ Ranking

ブログランキング



gogo.gs
[41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [31] [28]
★2017/12/11 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2007/07/23 (Mon)
第136回全英オープンゴルフは、
S・ガルシア(スペイン)と、P・ハリントン(アイルランド)が、
7アンダーで、並び、プレーオフを戦い、
P・ハリントンが、激闘の末、優勝を手にした。


全体を通じて、やはりこのリンクスには、
魔物がすむのか、最終18番ホールで、今年もまた、
ドラマが待っていた。

ガルシアが、17番ホールを終えた時点で、
(正確には、ハリントンが、18番でプレーをするところでは、
まだ、ガルシアは、17番でプレー中)
ハリントン、9アンダー、ガルシア、8アンダーで、
1打差で、迎えた18番(499ヤードPAR4)。

ハリントンの、ファーストショットを打ったボールが、
運悪く、右の、バリーバーン(ウォーターハザード)の中へ。
1打プラスして、第3打を打つ事に。
だが、この後、さらに、不運は続く。
安全に、刻んでおけば、ボギーであがれていただろうに、
優勝を意識してか、手に持っているのは、
グリーンオンを狙った、ウッド(おそらくスプーン)。
グリーンを狙ったショットは、またまた、バリーバーンの中へ。
結局、第5打目で、グリーンにオンし、
ダブルボギーをたたき、トータル7アンダーとなった。

これは、ガルシアにチャンス到来かと思われた。
1打目は、きっちりと、フェアウェイキープ!
そして、グリーンを狙って、第2打をうつ!
だが、グリーン左手前のバンカーにつかまることに!
でもそこは、ガルシア、きっちりとホールに寄せ、
パーパットを沈めれば、これはガルシア優勝か!と、
思わせられた。
だが、惜しくも、これが、外れてしまう。

結局、ボギーをたたき、7アンダーで並び、
プレーオフへと、もつれ込んでいく事に!!
そして、プレーオフの結果、ハリントンが、優勝!
とまあ、すんなりとは終わらしてくれない、コースで、
手に汗握る、展開であった。

カーヌスティ・リンクスは、後半の上がり3ホールが、
難易度が高く、選手は皆、苦労していたが、
プレーオフは、1番ホールと、その3ホールで争われた。

1番ホール(406ヤードPAR4)、
ハリントンが、セカンドショットを、ピンそばへ、
ぴったり近づけ、バーディーを奪う。
反対に、ガルシアは、バンカーへ・・・・
結果ボギー。
差はそこで出た。
2打差のまま、16番、17番と過ぎ、18番へ。
今度はガルシアが、セカンドを、グリーンへオンし、
ハリントンは、第3打を、ガルシアとほぼ同じライン上で、
少し遠い位置へオンする。
惜しくも、ガルシア、バーディーを逃すも、きっちりと、
パーセイブ。
だが、追撃遅し。
ハリントンは、2打と言う有利さもあってか、あせらずに、
2パットで、きっちりと、ボギーで沈め、トータル1打差で、
優勝をものにした。

とまあ、なかなか見ごたえのあるものだった。


注目のタイガーウッズは、通算2アンダーで、12位。
惜しくも3連覇は、ならなかったが、
最後まで勝負をあきらめないあの闘志と集中力には、
さすがと思わせられた。

道中、2日目、アイアンの切れが、いまひとつで、
他の選手がスコアを伸ばす中、1オーバーと出遅れ、
予選は通過したものの、本来の彼の実力が、
発揮されずじまいに、終わっていた気がした。
あそこで、今回の優勝への手が届かなかった、
大きな要因と言える、アイアンの切れが今ひとつだったことが、
クローズアップされる結果が、でていたように思う。
試合を通じて、調整しているような気がし、
アマチュアからすればそれだけでもすごい事だが、
タイガーらしさがもうひとつ出ていなかったのが悔やまれる。

それに3日目、6番ホールで、観客の女性に当たり、
打球事故を起こしたりと、少しついていなかった様にも思う。
まあ、でも、
まだまだこれから、いくらでもチャンスはあることだし、
次回の全米プロ選手権もまだ残っている。
巻き返しに来るだろう。
かわいい娘さんも生まれて、ハッピーだろうし、
なんか彼を見ていると、
こっちまで、いい気分になってくるから、やはり、
永遠の、スーパースターだ!


あーなんか、ずいぶん長々と書いてしまったが、
全英オープンは、やっぱり最高だ!
今回は、特に波乱が多く、はらはらのし通しで、
見ごたえがすごくあった。


次は、8月2日からの、
全英女子オープン!が控えている。

かの有名なコース、セントアンドリュースで開催されるだけに、
これもまた、見ごたえがありそうだ!
女王、アニカ・ソレンスタムをはじめ、
2006年賞金王に輝いた、ロレーナ・オチョア、
ポーラクリーマー、カリーウェブ、ミシェル・ウィー、
我が日本のヒーロー宮里藍、横峯さくらなど、
そうそうたるメンバーが出場する。

またこれも楽しみだ!
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★




フルーツメール



忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao