忍者ブログ
日常での出来事、気付いたことなど、 作者の意見も交えて紹介!
  ★ 今日の運勢
ゆうり恋愛塾 占い 恋愛相談
  ★ プロフィール
HN:
kikkorokoro
性別:
男性
職業:
ライフコンサルタント       サイコセラピスト
趣味:
ブログでの情報発信
自己紹介:
日常で、感じたこと、気付いたこと、お伝えしたいことを、定期的に発信していく、サイトです。
いろんな人に、楽しく、役に立つ、そんな、サイトに育てていきたく思ってます^^。

  ★ Ranking

ブログランキング



gogo.gs
[51] [50] [49] [48] [46] [47] [45] [44] [42] [41] [40]
★2017/09/21 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2008/06/17 (Tue)
全世界が注目する中、戦いは最高の舞台へと化す。
72ホールかけても決着がつかず、プレーオフ18ホールストロークプレー
へと進む。

タイガー・ウッズvsロッコ・メディエート。

序盤、タイガー、メディエート共に1オーバーで迎えた6番パー4。
パーをセーブしたメディエートに対し、タイガーは、
2打目のアプローチを寄せて、バーディーを取りリード。
続く7番でも確実なショットをみせ、連続バーディー。
10番では、パーをセーブしたタイガーだったが、
メディエートはボギー。
3オーバーに後退し、3ストロークの差が開く。
だが、有利に立ったかと思ったのも束の間、タイガーは、
その直後11、12番でバンカーにつかまってしまい、連続ボギー。
対して、メディエートは、13、14番と連続バーディー。
両者共、1オーバーとなる。
勝負が振り出しに戻ってしまうことに。
迎えた15番(パー4)。
勢いに乗ってきたメディエートは、ティーショットでフェアウェイを
キープ。
だが、タイガーは、隣の9番のバンカーに入れ、ピンチに。
だが、そこは、タイガー。
バンカーショットを、ピン側にきっちりととめ、ナイスアプローチ!
メディエートが、バーディーをとったため、1打リードとなり、
勝負は、1打差のまま最終18番に持ち越される。

タイガーには、もう後がない。
このまま、決まってしまうのか?
誰もがそう思ったはず!
だが、ここから、ドラマが待っていた!!

優勝がちらつき始める、最終18番573ヤードのロングホール。
メディエートは、ここで、大事なティーショットを、
左バンカーに入れてしまうことに!
これがメジャーのプレッシャーなのか?
そして、この大会、数々の奇跡を、18番で見せてきたタイガーが、
左ひざの痛みをこらえて、ドライバーで、フェアウェイをキープ!
続くセカンドショットで2オンに成功し、タイガーチャージが始まる!
見ているものすべてが、釘付けになる!
対するメディエートも、3打目をグリーンに乗せ、可能性を残す。
先にタイガーが、イーグルトライ。
狙ったパットは、ピンを2メートルほどオーバー。
続くメディエートは、決めれば優勝となるバーディーパット。
だが、無情にも届かず、こちらも同じぐらいの距離が残る。
全ての視線が、タイガーの1打に注がれた。
そして、ボールはゆっくりとカップに近づき、カップイン!
ギャラリーの大歓声とともに、タイガーがスコアをイーブンとし、
メディエートと並ぶ。
逆に外せなくなったメディエートだったが、流石に、ここは、
冷静に、パットを沈め、勝負はサドンデスへと持ち越されていく。

この後、サドンデス1ホール目となった7番パー4。
勝負の分かれ目となったのは、今大会を象徴するかのように、
フェアウェイキープ出来るかどうかと言うことが、それだった。
タイガーが、ティーショットを、フェアウェイぎりぎりに
キープしたのに対し、
メディエートは、左バンカーへ。
さらに、リカバリーセカンドショットは、観客席横のラフへと
つかまってしまう。
3打目でグリーンに乗せはしたが、、大事な場面でのミスは痛かった。
ここで、勝利の女神は、タイガーに微笑んだ!
タイガーは、残り156ヤードからのセカンドショットを、2オンさせ、
パーをセーブ!
そして、是が非でも決めなければならない、パーパットを、
メディエートは、決められず、カップに嫌われてしまう。
ここで、タイガーの優勝が決まった!!

今回タイガーが優勝したことで、また新たに、歴史が変わった!
60年振りにカリフォルニア州で開催された全米オープン!
同州出身のタイガーが、メジャー4大大会で三回ずつ優勝
したことにより、トリプルグランドスラムが達成された。
ジャック・ニクラウスに続き、2人目の快挙となる。
さらに、メジャー通算14勝と言う記録は、
同じくニクラウスの18勝に継いで、歴代2位。
米ツアー通算勝利においても、65勝と言う大記録を打ち立てた。
これは、歴代3位。

今大会は、左ひざの痛みを抱えての出場だっただけに、
彼にとっては、相当な苦戦を強いられたはず!
だが、彼は、優勝した!
そう、優勝したのだ!
まさに、前人未到の境地と言えるかもしれない。

スーパースター!
これは、彼のために、ある言葉なのかもしれない。
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★




フルーツメール



忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao